スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供と一緒に昆虫観察9

「週に一度の水分補給」

 カブトムシの幼虫がいる昆虫マットには、週に一回霧吹きなどで湿り気を与えています。今回は子供も手伝ってくれました。いつの間にやらケースが4個になってしまい、それなりに時間が掛かります。




まず、乾燥防止用の葉っぱをどかしてから行います
この霧吹きは、シャンプーの容器などと同じで、頭の部分を押すと水が出てくるんですが、これが非常に重い。子供だと両手を使う様です。


充分に湿り気を与えたら、葉っぱを戻してさらに水分を与えます。






オツカレサマでした。
この後子供も、水分補給?

関連記事
スポンサーサイト

子供と一緒に昆虫観察8

「こんなに大きくなりました」

11月に入り、幼虫の成長ぶりを確認しようと思い、昆虫マットを掘り返して見ると、白いモノがモゾモゾ。いたいたいました。


取り敢えず見つけたのは4匹だけでした。




産毛が生えててなかなか可愛い奴です。
(これがカブトムシになるとは思えない様ですが)




まだまだ小さく、これからも一杯食べて大きくなって欲しいものです。

関連記事

子供と一緒に昆虫観察7

「たくさん食べてするんですね」

 カブトムシの卵が生まれてから2ヶ月が過ぎようとしていた頃、幼虫のケースを覗いて見ると、昆虫マットの中に何やら丸いものが、コロコロと転がっている。良く観察して見ると、昆虫マットに混ざってものすごい数のそれが・・・。どうもコレは幼虫の「フン」の様なのです。

そぼろ状のものが幼虫のフン

そろそろマットの交換時期かな?

関連記事

子供と一緒に昆虫観察6

「もうすぐ冬支度」

 生き残ったコクワガタは、木の下や葉っぱの下で冬を越します。(去年も2匹冬を越しました)
今年も後から加わったコクワガタのオス・メス2匹が、エサを食べなくなり、そろそろ冬支度をする模様です(写真中央木の下、逆さになっています)












関連記事

子供と一緒に昆虫観察5

「たくさんの子供をありがとう」

 9月半ばを過ぎると、残っていたブーチン(カブトムシのメス)2匹も息絶えてしまったので手厚く供養しました(写真は子供たちが作ったお墓)


子供達が30分かけて作ったお墓(亡くなった虫たちを守っているイメージなの?by父


関連記事

子供と一緒にメダカを飼ってみよう2

 「夢は無限に広がってゆく」

 
 メダカのエサが無い。取り敢えず、金魚のエサで代用しよう。
しかし、そのままでは粒が大きく、メダカは食べれ無さそうだ。
そこで・・・考える。子供が離乳期の頃に使っていた(?)すり鉢を
使って金魚のエサをゴリゴリ、ゴリゴリ。適当な大きさになったところで与えてみると、パクパク食べてくれました。[おぉー、食た!」子供と一緒に感動してしまいました。

 「あとは何が必要かな?」取り敢えず急ぎはメダカのエサ。その後は、どうしよう。今の水槽の中は「メダカ」、「フィルター」、「砂利」、以上。

 
 ちょっと物足りない?

「水草を植えて森にしよう」「流木を置いて遊び場(?)にしよう」
子供がもらって来たメダカで、色々な夢が膨らんできました。




関連記事

子供と一緒にメダカを飼ってみよう1

 「キッカケは、いつももらって来るんです」

 
 去年の秋頃、幼稚園に通っている下の子供が、先生からメダカを4匹もらってきました。事前にもらってくる話を聞いてはいましたが・・・。

 以前、祭りで買った金魚を、短期間のうちに死なせてしまった苦い経験があった為、そんなに気乗りはしませんでした(子供はあまり世話をしてくれません。結局親である私が面倒を見ていました)。
 しかし、いざもらってくると「しょうがないなぁ」とは言いつつも、物置から金魚を飼っていた時の、水槽・砂利・エアーポンプ・フィルターなど引っ張り出して来て、セットしていました。

 まず、底砂用の砂利を洗います。
    それを水槽に敷き詰めます。
 次に、井戸水を注ぎ込みます。(洗った後とは言え、やはり濁りが生じてきた為、一昼夜かけてフィルターで濁りを取り除く事にしました)

 翌日、きれいになった水の上に、もらって来たメダカを容器ごと浮かせて、水槽と容器の水温の差が無くなる位まで待ちます(そのまま移すと温度変化が大きくメダカに負担が掛かるので)。30分程度おいた後、ゆっくり水槽に移すと、今までの狭い容器から一気に解放されて、スイスイと泳ぎ始めました。取り敢えずひと安心。
   


関連記事

子供と一緒に昆虫観察4

 9月10日現在、カブトムシを入れていたケースには、沢山の卵が生まれ幼虫となり、直径20mmぐらいに育ちました。
幼虫になって二週間の写真 艶々しています


幼虫になって二週間の写真 艶々しています


このケースには、カブトムシのメスが2匹生存していますが、そのまま一緒にしておくと、穴を掘りまくり幼虫を傷つける恐れがあるため、コクワガタを入れているケースに移しました(過保護?)。
移された後も相変わらず、穴を掘っていますが、子供を身ごもっていたらしく、卵を生んでくれました。






関連記事
プロフィール

suzuki

Author:suzuki
仕事での話や思った事や
ちょっと気になる事など
書いていきます。
http://www.brother-suzuki.com
ぜひ見て下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。